なぜコルセットを着けるのか・・・

私の仕事のテーマ「コルセット」について お勉強

コルセットの歴史は古く その起源は紀元前1800年にまで遡ります
古代ギリシャにおいて 最初の鉄で出来たコルセットが生まれました
バストを支える為に使われていたようです
その後15世紀ルネサンス期まで 視界から消えていました

フランスでは14~15世紀に ブルギィニオン・モードとして再登場
そして最初のコルセット最盛期は 16世紀中~17世紀
スペイン・モードの流行と共に 始まります
スペイン・モードの理想のシルエットは ウエストがエレガントに細いこと
でもブルギィニオン・モードとは反対に 硬いコルセットで胸の膨らみを殆ど消しています

その後の エリザベス王朝時代の極細のウエストは 
情け容赦のないコルセットがなかったら 実現出来なかったでしょう
またクリノリンのローブを着る為には
長く細いウエストを作るコルセットが 欠かせませんでした

16世紀初頭のコルセットは 
穴の開いた甲冑の如く 鉄製で硬い籠状に作られていましたが
カトリーヌ・ドュ・メディシィス時代に しなやかなステンレス(acier)に代わります
そして16世紀後期には 鯨の骨=バレンヌが使われるようになります
その呼び名バレンヌは プラスチックになった現在も 使われています

16世紀後半のフランスでは 男性のフェミニン化があったらしく
男性も コルセットの着用が習慣となっていました

その後17世紀・18世紀 宮廷衣裳に欠かせない小物として使われます
婦人達は クリノリンのスカートとコルセットに包まれ
厳かに滑るような歩き方で 移動しました

でも18世紀後半 フランス革命前
ジャン・ジャック・ルソーにより「素朴さや自然への回帰」が提唱され
それは貴族達へも 影響しました
ルソーは まさに「アンチ・コルセット」を唱え
医者達も 女性の体を苛み変形させるコルセットを止める運動を広げます
コルセット熱は 一時下火になりました
そして1804年 古いタイプとは違い
軽く短くなったコルセットが 再登場
最初のものは 胸と肩先を覆うだけの小さい身頃のようなものでした

これ シャトー・ドュ・マルメゾンの
ジョゼフィ-ヌ・ボナパルトの衣裳の中から 見つけました
Empireアンピール・スタイル(帝政時代)の ローブの下に着けた下着です
ブラジャーの原型みたい・・・
b0181081_2042557.jpg

その後 徐々に Baleine( バレネ)され=細く削った鯨の骨を入れる事
busc(ビュス)が付けられ 硬く形作られ
背中のラセー(X紐結び)で ウエストを細く絞める様になります
1830年代のロマンチック期には 胴は細長く伸び
女王蜂の様な 理想的シルエットを作ります
 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今・・・なぜコルセットを着けるのか・・・?
  ・ ウエストを細く洗練し よりフェミニンなフォームを作る為
  ・ バストをアップして支える
  ・ 背中を楽にする
  ・ 腰を豊かに見せる
  ・ お腹を平らにする
  ・ 厳かな振る舞いを得る
  ・ 女性らしさを表現する
いつコルセットを着けるか・・・?
  ・ 主に 夜会の衣裳用に
  ・ ウエディングドレスと共に

b0181081_6153835.jpg

b0181081_6353484.jpg

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピンクの優雅な扇型 ねむの木が花盛り
b0181081_6263019.jpg

b0181081_6255414.jpg



人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-07-28 06:28 | しごと・徒然

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl