カテゴリ:ニュース・徒然( 56 )

晩秋 もうの季節は終わり・・・と思いそうですが
11月~12月に咲く花も あるのですよ!!!
アマリリス Amaryllis
一輪で大きく咲く花 というより球根ですね・・・
室内での 水栽培も出来ます
以前ご紹介したお店で買えます

私のお気に入りの花屋さんの ウィンドウ
個性的なディスプレイ 見つけました
アマリリスを 逆さに吊るしてます
悪くないかも・・・
b0181081_641229.jpg
 



b0181081_65366.gif

                 ランキングに参加してまして
                 上のバナーのクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-11-20 06:10 | ニュース・徒然
11月1日は トュッサン Toussaint(万聖節)
カトリックの祭日です
これに対して イギリス人プロテスタントが
その前日に設けた祭日が ハロウィーン

フランスはカトリック国ですので 11月1日は祭日=お休み 
パリに住む 学生や社会人達
地方の実家に帰るのでしょうか ヴァリーズ持った姿が駅に目立ちますが・・・
お墓参りに行く人達は どれ位いるのかしら?

お花屋さんの店先 菊の花 Chrysanthèmeがいっぱいです
b0181081_19425680.jpg

この時期ばかりは 菊が最優先
お墓をきれいに掃除して
菊の花で飾ります
こんな日本っぽい菊 Buis=黄楊(つげ)も ありましたよ
b0181081_1947869.jpg

Toussaint = tous les saints(全ての聖人)
文字が示すように 亡くなり 聖人になった方達を
みんなで一緒に思う 祭日です
カトリックでは 死後は 聖人として
神の庇護のもとに
苦しみのない 安らかな世界に生きるのですね
(あら?誰もが聖人になれる訳では ないのですか?ガブリエルさん?)
11月2日も 故人の日です

日本の仏教でも 亡くなった後 
人は仏様になりますよね
(でもお寺にいくら払うかで 戒名が違う=位が違うのですよねぇ・・・)

個人的な印象は・・・
トュッサンの頃は いつも良い天気だということ
秋晴れというか 小春日和というか


b0181081_203897.gif
                 ランキングに参加してまして
               上のバナーのクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-11-02 20:15 | ニュース・徒然
久々の晴天だった 先週末
まさに秋日和
どうしても 森へ行ってみたくなるのです
そう ムードンの森

やっぱり 気持ちいい~
生き生きとした木々の間から 降り注ぐ陽光は
もう暑過ぎず しっとり 
ジョギングや 自転車を楽しむ人達
ゆっくり散歩する人達 至福の午後
b0181081_19581856.jpg

b0181081_2025844.jpg

森の奥へ入る いくつか脇道があるのですが
奥へ入る自身は まだありません
何となく 迷子になりそうで・・・
b0181081_20102413.jpg

わぁ たわわに実をつけた木 鮮やかな色です
b0181081_2054043.jpg

時々 上から実が落ちてきます
ドングリでした
栗の実は まだ青々ですね
森の豊かさを 感じさせます
b0181081_2065365.jpg




b0181081_20224699.gif
                   ランキングに参加してます
                 上のバナーのクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-09-30 20:18 | ニュース・徒然
先日のパリ散歩の折 
な~んとなく カテドラル・ノートルダムの前を通りかかると・・・
前の広場に 大きな舞台が設置されていました
b0181081_2151052.jpg

え~ 850年!!!
そんなに経つの!!!
中に入ってみると 特製のステンドグラス
b0181081_21544981.jpg

クリスチャンではない 私ですが
(よって これが何のことか良く解りませんが・・・)
通路に書かれた言葉に 思わず惹きつけられました
Pourquoi suis-je unique?
 どうして 私は 他人と違ってるの?
b0181081_2156957.jpg

舞台の上 少し高い位置から見たノートルダム
b0181081_2157996.jpg




b0181081_21585668.gif

               ランキングに参加しています              
               上のバナーをクリック!お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-08-17 22:02 | ニュース・徒然
幸福をもたらす物=PORTE-BONHEURと言われるものは いくつかありますが
5月1日は そのひとつミュゲ=スズランの日なのです
フローリストのウィンドウで見かけた ミュゲと今が満開のをアレンジしたもの
b0181081_750127.jpg


今年はどんなミュゲを買おうかしら・・・と 
路上に並ぶ 沢山のミュゲ売りを覘きましたが
少しでも長持ちするようにと 今年も鉢植えのミュゲを選びました
二株だけですが 家に持って帰ると
フワッと良い匂いが お部屋にいっぱい
ミュゲの香りって独特で 惹きつけられるのです
b0181081_7423720.jpg


他にも PORTE-BONHEUR=幸運をもたらす物は
四葉のクローバー
てんとう虫
馬蹄

などなど 面白いものがあります


b0181081_756944.gif

             上のバナーをクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-05-03 07:58 | ニュース・徒然

BONNE ANNEE ボナネ 2013

大晦日のパリ
シャンゼリゼ大通りには 大勢の人がぶらぶら歩いていますが
多くは観光客では?
フランス人達はレストランの中?
スキー場?
 
今日 2013年 元旦
朝は ゆっくり
昼下がりの ここソー公園では・・・ 
驚く事に 多くのフランス人達がうろうろ散歩してます
明治神宮みたいですね
暖冬で 過ごしやすいこの頃
穏やかな午後を 家族での散歩を楽しんでいます

b0181081_3493142.jpg

日の出ではなくて 夕日です
b0181081_3385613.jpg


近所のお花屋さんで見かけた コンポ
パイナップルみたいですけど・・・?
b0181081_3403287.jpg

b0181081_350520.jpg



b0181081_353851.gif

                上のバナーをクリックお願いします





 
[PR]
by happiness-girl | 2013-01-02 03:46 | ニュース・徒然
パリ左岸のデパート
ボンマルシェ リヴ・ゴーシュは160周年ですって!!!
ノエルのウィンドウはとっても美しく
パリの屋根の上 街並みの模型 
ポエティックな 妖精の世界です

エッフェル塔に架けたブランコ
b0181081_78268.jpg

b0181081_7102953.jpg


このボンマルシェ リヴ・ゴーシュは ウィンドウの中の模型です
b0181081_763882.jpg

b0181081_7115421.jpg

ドーム状の屋根が上がって 中にはゴールドの彫刻が・・・
b0181081_7125239.jpg


b0181081_7143511.jpg


b0181081_7384037.jpg

b0181081_718465.jpg



b0181081_7194854.gif

             上のバナーをクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2012-12-23 07:28 | ニュース・徒然
サパン・ノエル-=クリスマス・ツリ-
ヨーロッパで一番大きな 天然木クリスマス・ツリーが 
コンコルド広場にあるらしい・・・
 
行かなくちゃ・・・
クリスマス前のパリ メトロも通りも スゴイ人出
人をかき分け やっとコンコルド広場にたどり着きました

え・・・と どこどこ ジャイアント・ツリー・・・
アリマシタ・・・ 端の方に
b0181081_525013.jpg
b0181081_5255378.jpg
b0181081_5264226.jpg

全長35メートル 
1月3日まで 17h~23hの間イルミネーションされているそうです
なんか この大観覧車と同じで 商業的かな?
世界中から集まる 観光客目当てって感じです

カテドラル・ノートルダムのツリーの方が より綺麗で大きく感じましけど・・・
やっぱり高さだけでなく 三角に裾広がりするフォームや
デコレーションも重要ですよね



b0181081_5352570.gif

              上のバナーをクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2012-12-22 05:45 | ニュース・徒然

六月 マリアージュ

六月 土曜日となりますと・・・
マリアージュ(ウェディング)ラッシュ

パリ6区 セーヌ通り歩いていた時
教会の鐘の音に惹かれ サン・シュルピス教会の前に・・・

「ああ マリアージュだわ」
白とブルーの紙吹雪を投げかけられる 新郎・新婦
結構若いカップルのようです
恥ずかしそうな新郎が印象的
b0181081_449019.jpg


式が終わったばかりの 祭壇
b0181081_4522098.jpg


b0181081_502319.jpg
b0181081_501034.jpg
b0181081_5168.jpg

b0181081_159532.jpg

その後 久々にポン・デ・ザールへ行ってみると・・・
酷い事になってます
ここまでくると 歴史建造物破損と思うのですが・・・
これだけの数の鍵も セーヌ川に沈んでいるということでしょ?
b0181081_564551.jpg

b0181081_574715.jpg

ハート型の錠前
オーダーしたみたいですね 二人の名前が刻まれています
ここまで凝りますか?・・・って
シンプルに教会で誓いあい結婚する・・・のでは物足りませんか?
b0181081_5111184.jpg


因みに 2年前のポン・デ・ザールの様子を書いた記事


b0181081_5165281.gif

            上のバナーをクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2012-06-24 05:23 | ニュース・徒然
フランス共和国大統領=プレジダンになると
まずポートレート写真を撮るそうです

そして このポートレートは 
フランス全土の市役所や学校に 飾られる事になります
プリンス大統領ルイ・ナポレオン以来の伝統らしいです

今回 フランソワ・オランド大統領の オフィシャル・ポートレートは
作家でアーティストの  Raymond Depardon が撮りました
このポートレートに隠されたメッセージとは・・・
b0181081_4452687.jpg


無料配布新聞 20 minutes が 専門家による分析を書いてます

1 草上のプレジダン
  シラク大統領と同様 戸外での撮影
  が 大部分を占めています
  これ程木々や 芝生に存在感を持たせ 
  背景深く撮られることは 今までありませんでした
  プレジダンはエリゼー宮から出て 自然とコミュニケートしています
  書斎にいるのではなくではなく 
  人々とコンタクトをとる為 外へ出ることを表しています
  空の青と芝生の緑は 落ち着いた印象を与えます
2 足の動き
  こわばった様に見える胸部に対して
  動きを感じさせる足
  (すでに内面の矛盾を表しているのかしら?)
3 正方形であること
  普通 ポートレートは長方形ですが
  Depardon は正方形にすることで アマチュア流儀の効果を楽しんでます
  また通常ポートレートは 人物が写真の3分の2を締めるのに
  ここでの彼は中央にいるものの 
  周りの多くの空間のなかで 見失った感があり
  オフィシャル・ポートレートのようではありません
4 エリゼー宮は後方遠く 国旗は目立たず
  権力の象徴は 遠ざけられたか不在になり
  大統領のノーマル化を 表現しているようです
  「大統領から 普通の人へと」
  となる危険性も あるのでは・・・
  
  ニコラ・サルコジィのポートレートとは 正反対
  彼はエリゼ宮の図書室で 王様の様な勲章をつけ 
  フランス国旗とEU旗の尖った鉾先を 傍らに立てていました 
  


  
b0181081_5391024.gif

           上のバナーをクリックお願いします  

 
[PR]
by happiness-girl | 2012-06-10 06:07 | ニュース・徒然

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl