カテゴリ:パリの恋人達( 2 )

心配になって ポン・デ・ザールの様子を見に・・・
やっぱり 沢山の錠がぶら下がっていました
b0181081_232331.jpg

思ったより  酷くはなかったのですが・・・

これは控えめで 好感度大 
小説に基き 街灯の足元に
b0181081_254094.jpg

綺麗な絵付き 事前の準備が良い
b0181081_31607.jpg

これってダイヤル式だから 違うデショ・・・?
b0181081_285298.jpg

最も堅そうな錠前が コレでした
b0181081_2105915.jpg


ハーッ こんなことしてる私って・・・ホント ヒマ・・・ 帰ろッ

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポン・デ・ザールを渡り ルーヴル・カレー宮へ貫ける道すがら 
出会ったカップル
驚いた事に 二人の服は絵の具の染みだらけ

近くのアトリエで 働いているのかしらん?
ルーヴル宮の中と思われますが・・・
デプレ側に お昼を買いに行ったのかも

寒いからコートを着る・・・(人に見せる為でなく)
仕事で屈んだり座ったり 汚れる事なんて気にしない・・・(服に無頓着)
それでも気に入ったスタイルの服を選ぶ おしゃれな感覚を持っている 
b0181081_3252719.jpg

赤いマフラーを無造作に肩に巻いた彼 似合ってます
Cour Carree (カレー宮) ルーヴルで最も古い建物の中庭を貫けて・・・
b0181081_2155755.jpg

Sully (スリー翼)の トンネルを抜けると・・・
b0181081_257562.jpg
 
そこには ピラミッド
b0181081_2582155.jpg



人気ブログランキングへ 
クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-02-16 02:50 | パリの恋人達
イタリア文学からの伝統らしい・・・

Federico Moccia の書いた小説のヒロイン達 Step と Gin
愛し合う二人は ローマのMilvio 橋の 3番目の街灯に南京錠をかけ
その鍵をTibre 川に捨てることで 永遠の愛を誓ったのです

錠が長持ちすればするほど 愛も確固たるものに・・・

そして現代 ローマの恋人達にとってMilvio橋は
避けては通れない橋になっています
数千の錠が ぶら下がっているそうです

このイタリアから来た習慣を パリでも・・・? 
今日ヴァレンタインデーには  
多くの恋人達が Pont des Arts (ポン・デ・ザール)を訪れ
欄干に錠をかけ その鍵をセーヌ川に捨てたことでしょう
b0181081_1533598.jpg


Pont des Arts
b0181081_1541226.jpg



私の永遠の恋人は 我息子 (ポン・デ・ザールで 3歳の頃)
b0181081_745661.jpg
 
このポン・デ・ザールには ホント・・・深い思い入れがあります

本当のところ この橋をそっとしておいて欲しいです
錠が散らかるのはイヤ!・・・ですね


人気ブログランキングへ
クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-02-15 06:54 | パリの恋人達

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl