カテゴリ:フランスのスイーツ( 33 )

ノエルのウィンドウで 綺麗に細工されたギモ―ヴGuimauveを見かけましたが
家で 簡単につくれるみたいですねぇ
マダム・フィガロで見つけた Julien Merceronのレシピ
ミルティーユ(ビルベリー)のギモ―ヴ(マシュマロ)
b0181081_554402.jpg

様々な色で作られ 楽しいギモ―ヴですが
Guimauveギモ―ヴというからには mauveモーヴ=紫
ミルティーュでの色付けが お似合いです

材料 ・・・ 70g  pulpe de myrtille(ミルティーユの果肉)
       40g  水
       50g  はちみつ(アカシヤ)
       240g  砂糖
       15g  gélatine(ゼラチン)
       3個  卵白
       75g  パウダーシュガー
       75g  片栗粉

1 ゼラチンを冷水に5分間浸し 水を切って置きます
2 鍋にミルティーユの果肉・水・蜂蜜・砂糖を混ぜ入れ 114℃まで熱します
3 同時に卵白を低速でミキサーにかけ ホイップしておきます
4 のミルティーユ・シロップが114℃まで熱したら 
  3の卵白の中にゆっくり注ぎ入れます
5 ミキサーの速度を上げます
6 ギモ―ヴ生地がまったりと出来上がったら 冷まします 
7 平たい大皿に あらかじめパウダーシュガーと片栗粉のミックスを振りかけておき
  40℃まで冷ました6のギモ―ヴ生地を 注ぎます
8 生地を平らにならして(厚み3センチ程) 常温で3時間程置いて冷まし固めます
9 生地が冷えたら キューブ型に切り分けます
10 残りのパウダーシュガー&片栗粉のミックスを ギモ―ヴのキューブ全体に振りかけます


オーブンを使わなくても出来る定番スイーツ
子供と一緒に作れるかも
楽しいおやつタイムになるでしょう
キューブ型に切り分けるのを 動物などの型を使ってもよさそうです  


b0181081_8182263.png

               ブログランキングへ参加しています
               宜しければ上のバナーのクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2014-06-22 08:21 | フランスのスイーツ
前回ご紹介した プロヴァンスの砂糖菓子カリソンCalissonsのレシピ
簡単そうでしたが かなり端折ったレシピでした
もっと詳しく説明されたサイトを見つけました
こちらは 蜂蜜ではなくオレンジ水を使っています
b0181081_224440.jpg


材料(1人分)・・・ 250g    アーモンド・パウダー
          250g    パウダー・シュガー
       2~3スープ・スプーン  オレンジ水
          500g    メロン・コンフィ (砂糖漬け)
           50g    オレンジ・コンフィ(砂糖漬け)
glace royale グラス・ロワイヤル用に 
           1/2     卵白
          150g    パウダー・シュガー
      azymeパン=聖体パン (ライスシート=春巻きの皮の様なもの)でもOK

1 鍋にアーモンド・パウダー250gパウダーシュガー250gオレンジ水を入れ 
  弱火で 7~8分煮ます
  (生地が指にくっつかない程度まで それ以上乾かないように注意) 
  このアーモンド生地を 細かく刻み 
  やはり細かく刻んだメロン・コンフィオレンジ・コンフィを合わせてミキサーにかけます
  生地が均一になり 柔らかく引き締まるまで 良く混ぜ合わせます
2 azyme(聖体パン)シートを 調理台の上に置きます
  その上に フルーツケーキ型(30x30x1㎝)を置きます
  の生地を 注ぎ入れます
  表皮が出来るまで 少なくとも48時間休ませます

3 グラス・ロワイヤルを作ります
  卵白1/2を パウダーシュガー150gと混ぜ合わせ 
  柔らかく リキッド状になるまで 泡立て機で良く混ぜ合わせます
  硬すぎず ゆるすぎず・・・ここが大切
  で出来たカリソン生地の上に 均等に注ぎ入れます
  固まるまで1時間程置きます
  表皮が出来るまで待ってはダメ 後で切るときに割れてしまいます
  アーモンド型の押抜き型で 一つ一つ切り分けます
  押抜き型が乾くと くっついて うまく切れませんので
  度々 水で湿らせます
4 オーブン・プレートに均一に並べます 
  130℃に熱したオーブンに5分程入れて
  グラス・ロワイヤルを 均等に固めます
  冷まします 

日持ちのする 手作りお菓子として便利そうですね
フルーツ・コンフィを変えると 色もバラエティーに
 

b0181081_3363427.gif
 

              
              ブログ・ランキングに参加しています
              宜しければ 上のバナーのクリックをお願いします
 
  

    
[PR]
by happiness-girl | 2014-06-03 03:25 | フランスのスイーツ
エクサン・プロヴァンス Aix-en-Provence 伝統の コンフィズリィ Confiserie
カリソン Calison
b0181081_19575491.jpg

フランスの代表的コンフィズリィ=砂糖菓子 カリソン
アーモンド型したカリソンは  どこでも見かけますが
カリソンがメロンをベースに作られていることは あまり知られていないと思います

本体の黄xオレンジ色部分は 甘さ控えめで
アーモンドメロンのコンフィ(砂糖漬け)で作られているのですが 
メロンの香りは アーモンドの強い香りで消されてしまいます
卵白の糖衣で包まれ 底には薄いパン=Azymeが敷いてあります

Azyme = Hostie = 聖体パン
無酵母のパンで 聖体として用いる・・・
ア~ あの 教会でミサのときに 
神父が 信者達の口に入れている(失礼な言い方・・・お許しを) 
アレ・・・ですか?
テレビなどで見るたび 
「一体 何を食べさせているのかしら・・・?」 と思っていました

・・・というわけで カリソンはクリスチャンのボンボン=飴とも言われているそうです
教会が由来か・・・と思いきや そうでもなく
多分 イタリアが発祥地ということです

さて そのレシピですが・・・
Provence プロヴァンスの miel=蜂蜜を使ったレシピを
ロクシタンのサイトで見つけました

材料 ・・・・ 250g melon confit d'Apt (メロンの砂糖漬け)
             Apt はフルーツのコンフィで有名な土地
        400g poudre d'amande blanche (白アーモンド粉)
        125g sucre (砂糖)
         80g glucose (グルコーズ)
         50g miel de lavande (ラヴェンダーの蜂蜜)

トッピングのglace royaleグラス・ロワイヤル用に・・・
         30g  sucre glace (パウダーシュガー)
        卵白  1個
底に敷く薄いパン pain azyme =聖体パン= Hostie= 無酵母のパン

1 鍋に白アーモンド粉・砂糖・グルコーズ・ラヴェンダー蜂蜜を混ぜ入れ 溶かします
2 火から下ろして 小さく切ったメロン・コンフィを入れます
3 ミキサーで 均一になるまで良く混ぜ合わせ生地を作り 
  48時間休ませます

4 グラス・ロワイヤルを作ります
  卵白パウダー・シュガーを合わせ 
  しなやかな液体状になるまで よく泡立てます
5 調理台の上に 聖体パンを1枚置きます
6 生地(3)を載せ置き 表面にグラス・ロワイヤルを均一に注ぎます
7 常温で1時間 グラス・ロワイヤルが軽く固まるまで 休ませます
8 良く切れるナイフで(底の聖体パンまで切れる) アーモンド型に切り分けます
9 冷所で保存します

なんか・・・ 簡単そうなのですが


b0181081_22222456.gif

                 ランキングに参加しています  
                 宜しければ 上のバナーのクリックをお願いします
   
[PR]
by happiness-girl | 2014-05-26 22:24 | フランスのスイーツ

デザート・バー登場

マダム・フィガロで 見つけました
スイーツだけを食べさせる デザート・バー
" Dessance デサンス "

レストラン・クリエーター Phillippe Baranés フィリップ・バラネスにより 
デザート・バーが マレ地区にオープンしたようです
74, rue des Archives 75003 paris

フィリップ・バラネスは 他にも斬新なレストランをクリエイトしています
な~んと 画家モジリアニの子孫だそうで
本人も 絵を描きます
彼のコメント
「僕は 人生において 危険に身をさらすことを選ぶ」
「新しいデザートの 誕生なのです 
 サロン・ド・テでもなく 有名パティシエ店でもない
 甘さを抑えることで いくつものデザートを ご賞味頂ける・・・」

今回彼は 三ツ星レスト LedoyerGrand Véfour 
2店のシェフ・パティシエ  
Christophe Boucher クリストフ・ブッシェー を説得して
デサンスをオープンしました

甘さを抑え デザートを料理として仕上げています
フルーツ・木の実・野菜・ハーブ 等々
通常デザートには用いない食材が使われ
フォアグラや フロマージュ・ロックフォールも登場します

ここでクリストフは シェフ・パティシエではなく シェフ・キュイジニエなのです
ビデオで見られる クリストフ・ブッシェーの手さばきが スゴイ
デザートがアートであることを 実感します
盛り付けが美しい
彼はフルーツだけでなく 野菜を使うことが好きです

ビデオの後半で紹介されてる ノルベジアン・オムレット・フュメ Omelette norvégienne fumée
ウィスキーでフランべするところが 見ものです
このウィスキーは Nikka Whisky の Yoichiを使っているそう
そこに 凝りますか・・・ 確かに美味しいですよね・・・アレ・・・
是非 ご覧あれ
b0181081_5345774.jpg

食べ歩きはしない 私ですが
このレストランには 行ってみたくなりました
デザートだけですので 高くつかないし・・・
4つのデザートを二人で分け合うフォーミュルが 44€

でも どんなタイミングで行ったら良いのかしら
夕食の前に甘いものを食べると 晩酌が不味くなる・・・・?
・・・と思いきや アルコールと合わせて食べるのですね
ワイン・ビール・紅茶・ジュース・アルコールが用意されてます

水曜日~金曜日 15h~23h
土曜日・日曜日 12h~24h

甘い料理は いかが?


ずーと前に 日本の友人が
タルトだけを食べさせる店をやりたい・・・と 言っていました
まあ タルトは主食になり得ますが
あれは どうなったのかしら?・・・

b0181081_5482479.gif
                    ランキングへ参加しています
                 上のバナーのクリック!お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2014-05-20 05:42 | フランスのスイーツ
今年の Pâques =復活祭は 4月20日です
いつも斬新なウィンドウ・ディスプレイで楽しませてくれる パトリック・ロジェですが
今回は誰もが惹きつけられる ウィンドウになってます
これって みんな食べられるのですよねぇ
卵は 本物の卵みたいです
ママ鶏さんの 帽子がカワイイ
きれいにシャーリングされてます
通りすがる皆が近寄って見るので ウィンドウに映ってしまい
上手く撮れませんでした
b0181081_16452952.jpg


b0181081_16455052.jpg


b0181081_16461261.jpg

ハリネズミさんも とってもカワイイです
b0181081_16462757.jpg

Pâques のシンボルは いろいろありますが
卵 鶏 鐘 うさぎ ・・・
やっぱりですよね

ところで その美しさで有名な 
Vaux-le-Vicomte ヴォー・ル・ヴィコント城を 御存じですか?
トニー・パーカーとエヴァ・ロンゴリアスが 盛大な披露宴をした城でもありますが
Pâquesには 子供達が喜ぶ催し物をしています
あのルイ14世を嫉妬で狂わせた 美しい庭園 
その庭園の あちこちに隠された
その卵を探す「卵狩り」が 
4月19日・20日・21日の3日間 催されます
卵は もちろんショコラですよ~
有名なショコラティエ Leonidasレオニダスが提供してるみたい

パリから シィティラマのバスで行けるようです
いつか行ってみようと思っていたお城ですので
この機会に 行ってみようかしら・・・

フランスも この週末から
暖かくなってきました
このまま行くと 桜の見頃はPâques辺りか
もっと早そうです
因みに ソー公園の桜
堅い芽が出て来たところです
でも 大木に ひとつだけ花開いていたりしますよ

b0181081_17313968.jpg



b0181081_1593475.gif
 
                ランキングへ参加してまして
                上のバナーをクリック お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2014-03-31 17:38 | フランスのスイーツ
息子のお誕生日が もう直ぐなのです
毎年 近所のパティシエに モワルー・ショコラを作ってもらっていたのですが
(子供達が手掴みで食べても 手がベタベタしない・・・ので)
今回は フランスの代表的スイーツ「Financie フィナンシエ」のレシピ見つけました
自分で作ってみるかも・・・?

Financie フィナンシエと言うと 金の延べ棒スタイルを思い浮かべるのですが
生クリームで可愛くデコレーションした バースデイ・ケーキ
またまた マダム・フィガロから
Christophe Michalak クリストフ・ミシャライの Financier

b0181081_19404064.jpg


材料 ・・・ 6人分 直径18㎝の型1つ分
ビデオの中で 彼は3個分の分量で作っていますので御注意)
      120g  パウダーシュガー(粉糖)
      120g  減塩バター
      10g   蜂蜜
      3個    卵白
      45g   小麦粉
      45g   アーモンド粉 (Brute =加工されていない)
      120g  ミルク・チョコレート
      200g  生クリーム(entière)
      指ひと挟み  イースト (levure)
      掌ひと掴み  ノワゼット(noisettes)
      1個     fève Tonka
      指ひと挟み  塩
      少量     M&M Mikado

1  鍋にバターを入れ火にかけ ノワゼット色になるまで良く煮詰めます
   蜂蜜を加え 良く混ぜます
2  1時間前から冷凍庫で冷やしておいた金属の皿に注ぎ 
   冷蔵庫に入れ 35~40℃になるまで冷やします
3  その間に Biscuit ビスキュイを作ります
   大きなサラダボールに 篩にかけたパウダーシュガー・小麦粉・アーモンド粉入れ
   良く混ぜ合わせます
4  卵白を少しずつ加え 全体が均一になるまで良く混ぜ合わせます
5  3で35~40℃に冷やしておいたバターを加え 良く混ぜます
6  サラダボールにラップをして 冷蔵庫で24時間休ませます

翌日
7  砕いたノワゼットを フライパンで焦がさないよう注意しながらグリルします
8  オーブンを180℃に熱して置きます
9  6で出来た生地を 直径18㎝のケーキ型に注ぎ入れます
10 グリルしたノワゼットを 上に振りかけます
11 180℃のオーブンに入れ 25~30分間焼きます
12 オーブンから出して 冷まします

ドレサージュ
13 ミルクチョコレートを鍋に入れ火にかけ 溶かします
14 良く冷やしたサラダボールに 冷蔵庫に入れておいた生クリームを入れ
   泡立て器で混ぜ 良く立ち上がるまでホイップします
15 冷蔵庫で45℃まで冷ました13ミルクチョコレートを加え 
   良く混ぜ合わせます
16 金具付きクリーム絞り袋に入れ 12のビスキュイの上に波型にデコレーションします
17 fève tonkaを卸しながら 上に振りかけます
18 m&ms mikadoで バースデイ・ケーキのデコレーション 

見た目も華やかな フランスの定番スイーツ
簡単そう  私にも出来るかも・・・
冷蔵庫に入れて 5~6日も日持ちするそうですので
多めに作っておいて 毎日のおやつ用にするのも良いですね

b0181081_20593854.gif

              ランキングに参加してまして
              上のバナーのクリックお願いします


 
  
[PR]
by happiness-girl | 2013-12-26 21:05 | フランスのスイーツ
ご近所の Boulanger ブーランジェー=パン屋さん 
いつも 香り高いパン・オウ・セレアル=シリアルパンを作ってくれます
とうとう ウィンドウにサパン・ノエル=クリスマスツリーが登場しました
とってもキラキラしていて 美味しそう
b0181081_684254.jpg

ツリーに掛けてるもの ご存知?
bonhommes en pain d'épice ボンノム・ パン・デピス(生姜香料入りパンで出来た男の子)
b0181081_6103769.jpg

オーブンから逃げ出した スパイス・パンの男の子
みーんなが 知ってるストーリー
ある日 生姜スパイス・パンを焼いているおばあさんが 
余ったスパイスパンの生地に 干しブドウを使って 
男の子の形を作り オーブンで焼いていると
オーブンの中から 戸を叩く音がします
オーブンを開けるや否や なんとスパイスパンの男の子が飛び出します
その男の子を追いかけ おじいさんや 通りがかりのなど
みんなが 逃げるスパイスパンの男の子を追いかけます
途中 キツネに出逢いますが・・・
男の子の 行く手を阻む川 
キツネは 男の子を頭の上に乗せて 川を渡ることを申し出ます
親切そうなキツネの言うことを聞いて キツネの頭の上に乗るスパイスパンの男の子
川が深くなると 上を向くキツネの 鼻先まで降りることを促されます
結局 キツネに食べられてしまう・・・という物語
b0181081_6113574.jpg

Pain d'épices パン・デピスは 
生姜等 いろいろな香辛料で香りを付け
蜂蜜を加えたガトー
それで作ったボン・ノムは クリスマスに欠かせない脇役です
クッキーを作るように
ボン・ノムの型を使えば簡単 子供達でも作れます
オリジナルなボンノムを デコレーションしてみては?


b0181081_6272423.gif

                ブログランキングへ参加してまして
                上のバナーのクリック!お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-12-04 06:33 | フランスのスイーツ
グラン・パティシエ パトリック・ロジェのウィンドウですが
やっぱりノエル
ズバリ ショコラのクリスマス・ツリーです~
もちろん売りもの 大きさでお値段が・・・
綺麗ですねぇ テーブルの上が森みたいです
b0181081_927532.jpg

こちらは ご近所のパティシエ
なんと ジャイアント・トュウ・ショコラ
思いっきりショコラ食べたい~って方に お勧め
高さが25㎝位ありますよ
子供達の お誕生パーティーに良いかも
好きな大きさに切って食べられるなんて 最高
b0181081_9322140.jpg

これは・・・? マカロンですって!!!
ショコラでデコレーションして 白いパウダー雪を降らせた芸術?
b0181081_9372710.jpg

こちらはシャルロットのショコラ版
b0181081_9383444.jpg

ここまでショコラ尽くしを見た後は・・・
新鮮なパッション・フルーツ尽くしも 悪くないかも
b0181081_9401495.jpg



b0181081_9421180.gif


                 ブログランキングへ参加してまして
                 上のバナーのクリック!宜しくお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-12-03 09:44 | フランスのスイーツ
ギモーヴ Guimauve =マシュマロって 
柔らかくて腰がありますので 細工しやすいようです
ノエル用に こんなBUCHE ブッシュが作られました
色がカワイイ
日持ちしますので 今からノエルまで飾って楽しめます
b0181081_2094056.jpg

b0181081_20102765.jpg

更に 更に
あのお菓子屋さんのウィンドウ 12月を目前にして
こ~んな 夢の世界になりましたよ
b0181081_20124719.jpg

左奥 お菓子のクリスマスツリーなんて…誘惑です
b0181081_17494016.jpg

フランス地方からの 有名スイーツが並んでます
写真下Calisson d'Aix カリソン 歴史は12世紀からとも言われます
     南仏エクサン・プロヴァンスのスイーツ
     砂糖漬けメロン生地と 砕いたアーモンドのミックス
     白砂糖シロップをトッピング
写真上Nougamandine ヌガマンディヌ  アーモンドのヌガー?
b0181081_2016230.jpg

そして これ
グリム童話のお菓子の家みたいですねぇ~
前に並べられたスイーツ みんな摘んでみたくなります
b0181081_17524944.jpg



b0181081_20274362.gif

                ランキングに参加してまして
                上のバナーのクリック お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-11-30 20:29 | フランスのスイーツ
近所のお菓子屋さんのウィンドウ 甘~い誘惑
カワイイお菓子で い~ぱいです
Guimmauve ギモーヴ フランスの定番スイーツ
きれいな色のマシュマロですが
日本のマシュマロより ちょっと固め・・・かしら
クマさんの カワイイ箱入り
b0181081_8283823.jpg

Fondant・・・って ギモーヴの柔らかいタイプかも?
b0181081_4272279.jpg

オレンジスライスをショコラで包んだスイーツ 大好きです
b0181081_428788.jpg

ショコラで包んだポップコーンも 美味しそう
b0181081_831946.jpg

友達のお子さん達へとか・・・ 
クリスマスプレゼントを探し始めました



b0181081_8535756.gif

                 ランキングへ参加してまして
                 上のバナーのクリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2013-11-26 08:39 | フランスのスイーツ

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl