<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Collection [ Rendez-Vous a Paris]
BOURJOIS ブルジョワ化粧品から 昔ながらの小さな容器で
アイシャドウと頬紅が出ました
この容器が カワイイ
1863年にパリで生まれたブルジョワ化粧品
記念の限定販売 「ランデヴー・ア・パリ=パリで逢いましョ」

パリジェンヌのアーティスト Nathalie L'ETE ナタリー・レテとのコラボ
彼女のイラストと 古き時代のパリの絵葉書をミックスしたデザイン

早速 Monoprix モノプリへ走る・・・ワタシ
b0181081_6485934.jpg

うーん どれも捨て難い絵柄
ちょうど 頬紅を買いたいと思っていたところでしたので
「バティニョールのメトロ入り口に 花とカラフルなピオ・ピオ(鳥)イラスト」 を選びました
b0181081_6525320.jpg

中を開けると
幅広のブラシは容器に沿って 立体的に丸くカーブしてます
これが なかなか使いやすい
b0181081_6545052.jpg

他に
「花と蝶とオペラ・ガルニエ
「雪の結晶の舞う ノエルの凱旋門
「宝石スカラベに占拠された ヴァンドーム広場」 などなど  

コレクションは アイシャドーが5個 ほお紅が3個です


人気ブログランキングへクリックお願いします。


庭に一本だけ楓の木があるのですが 真っ赤になってます
b0181081_5342792.jpg

b0181081_761014.jpg
b0181081_7625100.jpg

[PR]
by happiness-girl | 2009-11-17 07:10 | ニュース・徒然

ときめく季節  2


パリでは、ノエル(クリスマス)の準備が、着々と進んでいます。

ギャルリー・ラファイエットのウィンドウは、いつものように子供達へのプレゼント。
アントニオ・マラスによるケンゾー・ファッションに身を包んだ、ベア達・・・。
b0181081_6515179.jpg
b0181081_652868.jpg

b0181081_725176.jpg

これ、カワイイ~!
b0181081_6563073.jpg
b0181081_6565062.jpg

お菓子作り、真っ最中・・・。
b0181081_7264085.jpg

b0181081_6573747.jpg

シャンパーニュ!!
b0181081_6595763.jpg

b0181081_6583624.jpg

b0181081_711540.jpg

b0181081_727365.jpg


こちらは、プランタン・デパートですが・・・。
b0181081_714898.jpg

いつもより、ちょっと大人っぽい・・・。 
かなり、いい感じ・・・。
b0181081_734840.jpg
b0181081_741340.jpg


他のウィンドウは、有名デザイナー・ブランドが、受け持っていました。
ディオール
b0181081_764537.jpg

シャネル
b0181081_774740.jpg



人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-11-14 07:16 | ニュース・徒然

ときめく季節  1

今年は ひと足早く(そう感じるのですが・・・)
ノエルの準備が 始まったようです
オスマン通りの有名デパート イルミネーションがセットされました
b0181081_4573573.jpg

b0181081_6395534.jpg

このデパートでは(何故か今・・・)短期間のバーゲン開催中

またまたフォーションへ 
栗のコンフィチュールを 買いにいってしまいました
ウィンドウには 綺麗な色のプレゼント用パッケージが・・・
b0181081_51162.jpg

このリボンの結び方って スゴイ
b0181081_545918.jpg



人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-11-08 05:13 | ニュース・徒然
No.8 Passerelle Debilly (パスレル・ドュビリー)1900年
 
1900年のエクスポ・ユニヴァーサル(万博)開催の為造られた歩道橋
鉄骨で組み立てられたこの橋は エッフェル搭もそうでしたが・・・
万博が終了次第 取り壊される予定でした
パリ市は 結局この二つの建造物を そのまま残すことにします
エッフェル搭と共に 美しい景観を作っています
b0181081_6495941.jpg

b0181081_5444226.jpg
b0181081_545811.jpg

偶然なのか・・・
パスレル・ソルフェリーノの左岸側には オルセー美術館が在りますが
こちらパスレル・ドュビリーの左岸側には
シラク前大統領が推進した ブランリー美術館が在ります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No. 7  Pont  d'Iena (ポン・ディエナ) 1814年

ナポレオン・ボナパルトは 
エコール・ミリテールの前に 橋を造ることを決めます
最初は Pont du Champ-de-Mars (ポン・ドュ・シャン・ドュ・マルス)と呼ばれていましたが
1806年 対プロイセン イエナの戦いでの勝利を記念し
イエナ橋と名付けられます
b0181081_5582999.jpg
b0181081_5585214.jpg

まさにナポレオンが造った証拠 の彫刻
b0181081_773621.jpg


1815年 帝政時代が崩壊すると
イエナの名前を嫌うプロイセンが 橋を取り壊したがった為
ルイ18世が「Pont de l'Ecole Militaire (ポン・ドュ・エコール・ミリテール) 」と改名し
橋の取り壊しを思い留まらせました
鷲の彫刻も取り外されたようです
その後1852年 鷲は元の位置に戻されます

1900年のエクスポ・ユニヴァーサル開催には この橋に幌が被せられました

幅が14m以下と狭く 16区からの交通量に十分対応出来ずにいましたが
1937年のエクスポ・ユニヴァーサルを迎え 幅が拡げられ35mになります

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No. 6   Pont de Bir-Hakeim (ポン・ドュ・ ビー・アケイム)1905年

この橋は まず1878年
エクスポ・ユニヴァーサルの為に造られた 初めてのメタリックの歩道橋
「Passerelle de Passy (パスレル・ドュ・パッシー)」と呼ばれていました
1900年のエクスポを迎え 鉄橋と車道橋を組み合わせた橋に置き換えられ
1949年までは「Viaduc de Passy 」と呼ばれます
「白鳥の島」に足を降ろして パリ16区と15区を繋ぐ橋

エッフェル搭が最も美しく見える位置」という事です
b0181081_5215541.jpg

b0181081_522209.jpg

この橋は私の最も好きな橋のひとつなのですが
メトロ線路歩道の 二層建てになっています
メトロは3~4駅前から地上に出て
段々高くなり
セーヌを渡るこの区間では こんなに高い位置を走ります
そして次のパッシー駅を過ぎると また地下へ入ります
b0181081_5591799.jpg

b0181081_5575189.jpg
b0181081_558897.jpg

線路の下は 歩道と自転車専用道路になっていて
映画やテレビのロケに しばしば使われる場所でもあります
何か・・・アンチィックな雰囲気

パリの左岸にいて パリの西郊外へ出るには(例えばヴェルサイユなどへ)
左岸の河岸高速を走って来て この橋を右岸側へ渡るのがスムーズ
b0181081_6293679.jpg

b0181081_6284917.jpg

橋の中央からセーヌ川の中の島「ile des Cygnes 白鳥達の島」へ降りられ
「Pont de grenelle 」まで続くプロムナードになっています
b0181081_748385.jpg

 

人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-11-05 06:37 | セーヌに架かる橋
No.9 Pont de l'Alma ポン・ドュ・アルマ 1856年

1856年 最初に造られたアルマ橋は狭く 
1974年 造り直されました
b0181081_74352.jpg

最初4つの橋脚は 高さ6mの4つの像で飾られていましたが
有名なzouave ゾアヴの像を残し 他の像は地方へ消えました
現在 上流側・右岸袂にあるゾアヴの像も 
最初は左岸側にありました

このゾアヴの像は セーヌ川の水量を見る目安になっていることで知られています
もしセーヌの水量がゾアヴの足まで増えたなら セーヌ河岸高速は閉鎖されます
水量がゾアヴの太腿まで達した場合は 船も通行止めになります
b0181081_7195277.jpg

これはアルマ橋の右岸袂にある彫刻ですが・・・
もう12年前位になるでしょうか 
イギリスのプリンセス・ダイアナが交通事故に遭い亡くなったトンネルが この下にあります
それまで殆ど無名であったこの彫刻が 
事故現場の側にあったという偶然から 一躍有名になりました

ダイアナを偲んで世界中の人々が訪れ この彫刻に花を捧げていきます
b0181081_718754.jpg



人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-11-04 07:25 | セーヌに架かる橋
No.11  Pont Alexandre Ⅲ ポン・アレクサンドル3世 1900年

ロシア皇帝アレクサンドル3世により(後にニコラ2世に引き継がれる)
フランスへ贈られた フランスとロシア友好の橋
1896年 ニコラ2世によって最初の石が置かれました
1900年 エクスポ・ユニヴァーサル時に完成

長さ109mのアーチは 足を一歩も降ろさずセーヌ川をまたぎます
欄干が14個のブロンズの燭台で照らされたこの橋 
最も美しい橋と思います

橋は数々の芸術家・作家達の作品で装飾されていて
別名「Pont de d'Exposition 」とも呼ばれる程
上流側には パリ市の紋章を持ったセーヌのニンフ
下流側には ロシアの紋章を持ったネヴァのニンフが 中央で微笑みます
b0181081_6264058.jpg

b0181081_6481571.jpg

対岸(左岸)真直ぐにあるのは これも金の帽子のアンヴァリッド
b0181081_628249.jpg

b0181081_6291951.jpg

b0181081_6294386.jpg

b0181081_6321552.jpg

アンジュの街灯 ここからのエッフェル塔 ベスト・ショットだと思いません?
b0181081_6315449.jpg


No.10 Pont des Invalides ポン・デ・ザンヴァリッド 1856年

1826年 最初に造られた時は吊り橋でした
位置も 現在アレクサンドル3世橋が在る場所です
でも その建造に失敗
次に造られた吊り橋は セーヌ川に足を二本降ろす事で成功しましたが 結局長持ちせず
1855年のエクスポ・ユンヴァーサルに向けて 
現在の4つのアーチで構成された石レンガの橋に 造り直されました

b0181081_6383411.jpg



人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-11-03 06:45 | セーヌに架かる橋

秋色の風景 3  


11月に入り、「晩秋」という感じですが、紅葉・・・と言うよりも黄葉の多いフランスです。
こちら、ムードンの森。    
栗拾いは、そろそろ終りです。
b0181081_155695.jpg

b0181081_225185.jpg

b0181081_1573826.jpg
b0181081_158185.jpg

前に、生垣を撮ったお宅。
杉と Lierre ( リエールきづた)を合わせて、生垣を造った理由が解かりました。
紅葉のこの時期、緑と紅のコントラストが美しい。
b0181081_261127.jpg

b0181081_4473444.jpg


そしてこちらは、私の大好きな「11月のセーヌ川沿い」。

この写真、真ん中で別れているかの様に見えますが、合成写真ではありません。
こんなにキッパリと、木々が揃えて切ってあるのです。 
アルマ橋近く。
b0181081_2193.jpg


トロカデロ宮前の公園。
b0181081_27347.jpg


ビー・アケイム橋近く。
b0181081_282552.jpg


ビー・アケイム橋の中央にある島の、プロムナード。 
ちょっとロマンチック・・・・?
b0181081_295596.jpg



人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-11-03 02:14 | ニュース・徒然

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl