<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ルイ・ヴィトンの歴史

私のお気に入り美術館のひとつ Carnavalet カルナヴァレ 美術館
パリの歴史を見せる この美術館で
只今 ルイ・ヴィトンのエクスポを 開催しています

フランスの老舗ブランド LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトンの歴史は
同時に PARIS の歴史でもあるのですね
b0181081_541364.jpg


1821年 ジュラ地方生まれの Louis Vuitton は 14歳の時パリへ旅立ちます
1837年 layetier-emballeur(小箱作り&梱包業)Maréchalマレシャルの下で働き始め
1854年 最初のお店を 4 rue Neure des Capucines に開店します

ちょうどオスマン男爵による パリ大改造計画が進められていたオペラ地区
オペラ座ガルニエも建造され モダン・パリの中心でした

サン・ラザール駅の近くでもあった為 周辺にホテルが集中し
多くの旅行者を 迎える事にもなります

時はナポレオン3世による 第二次帝政時代
貴族婦人達は 大きく膨らんだクリノリンのドレスを着ています

そのボリュームのある衣装と 必要なアクセソワールや化粧道具などを
旅行で持ち運ぶのは 大変です
また いつでも取り出して着れるよう
衣装を良い状態で 保管しなければなりません 

emballeur-layetier =梱包・小箱作りであるルイ・ヴィトンは 
大切なものを保護しながら移動する為の トランクを作ります

彼はトランクを包む素材として 重くて傷つきやすいよりも
軽くて丈夫 細工しやすいトワル地を使うことを思いつきます
小麦粉ベースの糊をコーティングすることで 防水効果も・・・
そして色は エレガントなTrianon トリアノン・グレーにしました

開店以来 少しずつ信用を得て
ナポレオン3世の皇后  Eugénie ウージェニーの御用達にまでなります
b0181081_6312812.jpg


1872年 イミテーションされることを避ける為 
ルイ・ヴィトンはベージュ地に赤の縦縞を思いつきますが
これも後には 他の製造者達にコピーされることに・・・

1888年 ベージュとブラウンの「ダミエ柄」を創り 登録 
「Marque L.Vuitton déposée」と表示します

1896年 息子のジョルジュ・ヴィトンは イミテ-ションされ易い「ダミエ」より  
複雑なモチーフに変えることを試みます

その頃 アーティスト達の間でブームが起こっていたジャポニズムの影響か
中世時代の日本の家紋からインスピレーションを得た モノグラムが生まれます

1905年 この「モノグラム柄」を登録します
b0181081_659542.jpg


ヴィトンにとって コピーされる事との戦いには 
古い歴史があるのですね

展示してあるトランクには 革製のものも有りました
これは丈夫そう
縦型の引き出し付ワードローブは コロコダイル革製
b0181081_6241936.jpg

他にも デスク内蔵の縦型トランクもありましたが
ここまでして自分の物を持って歩きたいのかしら・・・と思いますが・・・
何もないジャングルへの旅の為でしょうか
 
ひと目で他と違う 見た事の無い製のトランクが有りました 
何と
カワイソウ・・・
フランスは アフリカを植民地にしてましたしね・・・

コンゴへ赴任するオフィシエ=将校がオーダーした ベッド
これはスゴイ・・・こんなものもトランクの中に入ってしまうのですね
ヴィトンって家具職人?って感じ
b0181081_6364169.jpg


ティー・ケース
ずーと前 テレビで見たドキュメンタリーを思い出しました
ある日本人が 高級ワインを運ぶ為のトランクをヴィトンでオーダーしました
担当製作者は 参考資料をヴィトン美術館へ探しに行ったのですが
参考にしたのが このティー・ケースだったと記憶してます
b0181081_6403671.jpg


現代のハンドバッグやお財布などは ありませんでした
貴族や軍人 音楽家オペラ歌手などの
旅行の多い人達が 大切なものを運ぶ為や 使い易いよう整理された 
旅行用のトランクMALLE)の歴史です

no.3 セクレテール(机)が内蔵された 引き出し付トランク
no.8 30足も入るトランク
b0181081_6491472.jpg

no. 5 象革のワードローブ
no. 9 ベッド入りトランク
no.10 船旅のキャビンで ベッドの下に入れられる低く平らなトランク
no.19 帽子用の丸いトランク
b0181081_6492869.jpg



カルナヴァレ美術館も 秋です
b0181081_657924.jpg




人気ブログランキングへ クリックお願いします
   
[PR]
by happiness-girl | 2010-10-30 07:12 | パリの美術館

晩秋・トュッサン・快晴


フランスは TOUSSANT (トュッサン)のヴァカンス中
パリの主要駅には 大きな荷物を転がす旅行者が一杯

現在 公共交通機関を中心に いろんなところでストが続いてはいるのですが
ヴァカンスへ発つ人達が ひるむものではないようです

もっとも 11月1日のトュッサンには ヴァカンスというよりも 
お墓参りの為に 実家へ帰ったりします

今 一番困ってるのは ガソリンの供給がストップしていることかしら・・・
いつも混んでる近所のスタンドも
ガソリン無し」・・・と 閉めてしまいました

ホーントに フランスって・・・
まともに仕事に打ち込める時期は ないようですね

ところで 毎年トュッサンの頃って 
お天気に 恵まれるようです
今日も 快晴

家の壁一杯に広がる蔦って 綺麗なようですが
屋根にまで届くと 雨樋を塞いだりして困ります
後で 簡単にお掃除の出来る高さではありませんし
b0181081_416981.jpg

鮮やかなに が映えます
b0181081_417191.jpg



人気ブログランキングへ クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-10-26 04:20 | フランスの庭

秋・セーヌ・アート


今朝から 強い風と雨
が 一段と深まった感じです
壁のも 色あせて来ました
b0181081_78273.jpg



パリへ散歩に出ると・・・ 
土曜日のパリ 街角ミュージシャンに出会います

サンジェルマン・デ・プレ教会の角にも ジャズの音色が・・・

中年のおじさま達 お友達同士のアマチュアバンド?
b0181081_6272575.jpg


教会のお向かい いつもは空いてるルイ・ヴィトンのお店ですが
今日は何と 車係りが出現してます
b0181081_6334744.jpg


喧騒のデ・プレ界隈を通り抜け セーヌ川まで・・・
ブキニストの脇の階段を 川岸へ降りてみました

靄に煙る しっとりとしたセーヌ川岸が大好きです

ポン・ヌフ近くの ぺニッシュ
湿った小さな灯り
b0181081_6431099.jpg


こちらはセーヌ川の安全を守る 消防士さん達の詰め所
b0181081_648541.jpg


いつもの様にポン・デ・ザールを渡り ルーヴルのカレー宮へ入ると・・・
驚き 中庭に突然現れたプレハブ
b0181081_6512425.jpg


La fiac
グラン・パレとルーヴル・カレー宮とチュイルリー公園で開催
世界24カ国より
モダン・アートと現代アートのギャラリーが195店 出展しているそうです

ちょっと覘いて見ようかとも 思いましたが・・・
入場料28ユーロに 思わず引いてしまいました・・・ね



人気ブログランキングへ クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-10-24 07:15 | パリ散策
最近 結構いろんなところで見かける天使の翼
近所のマルシェ=青空市場でも 
背中に翼のスパンコール刺繍したT-シャツ 売ってましたし・・・

ブルジョワ子息御用達ブランド Zadig & Voltaire では 
バッグやベルトなどに 天使の翼スカルが描かれたりしてます

実はVoitaireヴォルテールの 小説「Zadig ou la Destinée」には 
天使が出現するのです

主人公Zadigザディッグ 
善良に生きる彼にも関わらず 次々と身に降りかかる不運
自分の運命を嘆き 消沈しているZadig
偶然出会った 白髭の老人

なぜかこの老人に惹きつけられ 
彼に促されるまま 連れそい 旅するZadig
ところが老人は 宿を提供してくれた親切な人達の家を焼き払ったり
彼らの世話をしてくれた善良な女性の
罪の無い子供を 川へ投げ捨て殺してしまいます

憤慨する Zadig その目前で  
見る間に変身していく 老人・・・ 
その体は若く 光り輝き
肢体は 美しいに包まれています

天使 Jesrad だったのです
天使Jesrad 曰く
宿を提供してくれた人達は 家が全焼したおかげで床下に秘宝を発見するし
あの善良そうに見えた少年は 
後に その親切な叔母を 殺すことになる
だから今 少年を殺した方が良かったのだ・・・と

この天使 別名「皆殺しの天使」と呼ばれる・・・と
ソルボンヌの先生が言ってたような記憶が・・・あるのですが
あぁ Zadig & Voltaire が の中央にスカルを描いたりしてるのは
この「皆殺しの天使」のこと・・・?
ブランド名と関係があったのですね きっと

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でも天使の翼ブームの始まりは ここのブランドではないかしら・・・?
Bérénice ベレニス・・・結構古めかしい名前です
b0181081_3272146.jpg


上手に撮れませんでしたが 畳んであるT-シャツの背中
繊細で ちょうど良い大きさの天使の翼のペインティング
b0181081_3262144.jpg


私は こので飛べるでしょうか
エッフェル塔に登ったら 飛べるでしょうか・・・
モンマルトルの丘から 飛べるでしょうか・・・

私は考える
あなたので 飛べますか・・・?



人気ブログランキングへ クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-10-13 03:42 | パリ散策

秋空に ファンファーレ


秋の運動会の話では ありません・・・
そういえば フランスでは 団体プレーでの催し物はないですねぇ
マラソンとか 自転車とか・・・ 個人勝負のスポーツ好き?

お天気抜群の土曜日
オペラ・ガルニエ前の階段で見かけた 管弦楽団

交通量が多く ひどい騒音のオペラ座前交差点にて
陽気でリズミカルなマドンナの曲は 何故かマッチ 
安らぎさえ 感じたりして・・・

b0181081_5392487.jpg


何故 彼達がここで演奏していたのかは知りませんが
ちなみに メトロの構内で演奏している人達
一応 テストを受けて許可を取ります
(中には 信じられない歌手もいますけど・・・)
このような公共の場所での演奏にも もちろん許可が必要でしょうが・・・

まあ ともかく・・・
前の方に楽器ケースを置いて 中に小銭が重なっているところを見ると
やはり お礼のお金を入れなくては・・・と思い
写真を撮らせていただいたお礼に チャリーン・・・!
なかなか 楽しませて頂いたし・・・

b0181081_5394464.jpg




人気ブログランキングへ クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-10-12 05:51 | パリ散策

秘密の庭園

夏を思わせる 暖かな週末
お散歩とショッピングに
パリの街は 結構な人出でした

左岸のデパート ボン・マルシェの近く
デ・プレへ向かう セーヴル通りから
ちょっと入る 路地があります
 
Rue RECAMIER  レカミエ通り

車道ではありません
植木を並べて パティオといった感じ
 
中央にある同名のレストラン 道いっぱいに張り出してますが 
セーヴル通りの喧騒を離れ 静かに食事が出来ます

b0181081_6481090.jpg


先は行き止りになっていて スクエアがあるのですが
ここがすごい
 
都会の真ん中とは思えない の様な大きな木々 
木陰に完全に隠れた 憩いの場になっています

奥には 小さな子供達の遊び場があって 
ベビーカーを押す人達も・・・
b0181081_6491364.jpg

b0181081_702068.jpg
b0181081_703654.jpg


周りを囲むアパートのベランダも 植物が溢れています
さすが7区の リッチ感
b0181081_714017.jpg
b0181081_72353.jpg



          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


かわって これは家の壁に貼りつくですが
今 綺麗に紅葉 始めました
b0181081_74885.jpg

b0181081_77243.jpg



人気ブログランキングへ クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-10-10 07:21 | フランスの庭

ウィンドウの天使達


コレクションで賑わう チュイルリー公園
モード関係者でいっぱいの サン・トノレ通り
 
コレットの前に 結構昔からある子供服専門店
いつも可愛いウィンドウで 楽しませてくれるのですが・・・

今日は 最高
ソニア・リキエルを着た子供達が ワンちゃんを連れています
b0181081_6191046.jpg

この子 フレンチ・ブルドッグでしょ
スパンコールのドレス
b0181081_6214947.jpg

このワンちゃんは レースのお洋服に帽子
b0181081_6225786.jpg

まっ! なんてエレガントな カニッシュ
b0181081_6245734.jpg

抱っこするだけで 暖かそう・・・
本物のワンちゃん連れだと 行く場所が限定されるけど
この毛皮のワンちゃんなら 大丈夫 
b0181081_6265663.jpg


背中がジッパー開きになっていて どうやらバックのようですが・・?
良く出来てます
大人でも欲しくなりますねぇ
  



そして 雑貨のお店で見つけたカワイイ花瓶
b0181081_6314273.jpg

ボンボンを入れたら 美味しそう
b0181081_63423100.jpg

これっ! すっごくカワイイー顔してます エンジェル
b0181081_6324922.jpg

ポーズッ!  
b0181081_635563.jpg





人気ブログランキングへ クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-10-06 06:43 | パリ散策

ボヘミアン・シック

パリ6区や7区・16区
お嬢様・お坊ちゃま達の御用達ブランド

ZADIG & VOLTAIRE
b0181081_4414454.jpg


こういうスタイルを ボヘミヤン・シックというのでしょうか?
ゴチック的な 黒ーい要素も加わってる様ですが・・・

良質な素材や 難しいテクニックを使った 
高価な服や アクセソワールであるにもかかわらず
そのスタイルはラフ  まるでボヘミアンの様に・・・

服の事とは別に いつも気になっていたのが店の名前
「ZADIG & VOLTAIRE  ザディッグ & ヴォルテール」

ヴォルテールの小説 「 Zadig ou la Destinée
昔 フランス語講座で読まされた本なのですが 全く忘れていたので
もう一度 読んでみることにしました

舞台は 古代メソポタミア文明の地
ユーフラテス河畔の都市 バビロン(現イラクのバグダッド近く)
このバビロニア王国にて
Zadig という青年が
その叡智と正義感故 名をあげ 
王様の寵愛を受け 首相にまで昇格するお話

王様は何かにつけ Zadig に知恵を借ります
彼は王に 人間の真実を見極める方法を教えたり
次々と難問を解決しながら 裁決して行きます
私は直ぐ あの「一休さん」を連想してしまいました

そして彼は 王妃から愛されることになります
(この辺から 話は不倫恋愛物っぽくなり・・・)
それは王様の耳に入り 
二人は離れ離れで 追われる身となるのですが・・・
それぞれに苦難・放浪の末 偶然再会するところなど
ハーレクイン・ロマンス(ご存知でしょうか?)かと・・・

そして最後は 王様の死去に伴い
王座(=王妃付)を獲得する為の 戦いのトーナメントが行なわれることに

全市民が見守る 円形闘技場において 
数々の屈強の男達相手の死闘
勝ち残らなければいけない・・・!!
ここでは映画の「グラジィアトュール」ばり
結局 Zadig が勝ち残るのですが・・・
さあ ここからが私が話したかった内容です・・・(ナガ)

王様に選ばれる為には 強さだけではなく叡智も要求されます
ここで 大僧侶達から問われるに 上手く答えなければなりません
まるで禅問答の様な 謎解きなのですが・・・

「世界中で 最も長く 最も短く 
      最も速く 最も遅く 
      最も小さく分かれ 最も広く伸び 
      最も疎まれ 最も惜しがられ 
 それなくしては 何も生まれず
 それは 小さなものを 飲み込み
 それは 大きなものに 生気をあたえる・・・
 それは 何ぞや ?」

Zadig は こう答えます・・・
「それは 時間
「永遠を刻む故 最も長く 
 我々の計画をなす為には 常に短か過ぎ
 待つ者にとっては 過ぎるのがとても遅く感じられ
 楽しんでいる者にとっては とても速く過ぎ
 無限に 広がり
 無限に 細分される
 全ての人が 時間を無駄にし
 全ての人が 時間を惜しむ
 時間なくしては 何も生まれず
 時間は 過去を忘れさせ 大業を不滅にする

議会は皆 納得します
そして次の謎解きは・・・

「我々が 感謝することもなく 受け取り
 どうやるのかも知らず 楽しみ
 何時とも知らずに 他人に与えていて
 気づかずに 無くすものとは 何ぞや ・・・」

Zadig の答え・・・
「それは 生命 (=人生)」



人気ブログランキングへ クリックお願いします







   
[PR]
by happiness-girl | 2010-10-03 02:34 | パリ散策

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl