<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

私が毎週出没するのが パリ1区 オペラ座地区

昔から日本レストランや 食料品店が多い地区なのですが・・・
最近は まったく日本!・・・と化しています

今日も買出しの為に通りかかる プティ・シャン通り

パっサージュ・ショワセウルの入り口に 見かけたビジューのブティック
最近出来たようです

ノエルのプレゼントとしては 
やはりビジューとパルファンが 圧倒的ではありませんか?

JACQUELINE SINGH
b0181081_18443942.jpg


繊細な作りに アンティックな仕上げ 
なかなか いい感じ

イエロー・ヴァージョン
b0181081_18452532.jpg
b0181081_18455050.jpg

b0181081_1921227.jpg
b0181081_1921412.jpg


レッド・ヴァージョン
b0181081_18483821.jpg


ホワイト・ヴァージョン
b0181081_1849527.jpg

b0181081_19372273.jpg


ナチュラル石ヴァージョン
b0181081_18513234.jpg


全て フランス製
自然石スワロフスキー・クリスタルを使っているそうです

お値段もお手頃ですので
ブルガリ購入・・・ が難しい私としては 
このセカンドクラスのでいいかも


               
b0181081_991659.gif
             上のバナーをクリック!!" お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-27 19:08 | パリ散策
12月24日 クリスマス・イヴ
み~んなで食べる BUCHE ビュッシュ=薪 のガトー
近所のパティシィエに 数日前に予約しておきます(スゴイ混みようなので)

さて お買い物に出たパリ6区
Gérard Mulot ジェラール・ミュロのお店には 
パリマダム達が詰め掛けていました
ウィンドウを覘くと・・・
美味しそうなガトーが いーっぱい
カラフル&フルーツが お得意なのかしら?
b0181081_21253511.jpg
b0181081_2126246.jpg

この高級ソファーの様な凹凸のあるガトー お見事
それに 手前のガトーショコラ
薄いショコラ板ギャザーを寄せたりして スゴイ!
b0181081_21262172.jpg

b0181081_21281429.jpg

そして またまたマカロンケーキのヴァリエーション
アマリリス」と題された 数種のナッツを載せたもの
b0181081_21282969.jpg


ミュロの直ぐ近くにある CIRE TRUDON
可愛らしいウィンドウです
今日のデ・プレは 吹雪いているのが見えますか?
ノエルの雰囲気でてますね 
b0181081_21302377.jpg

ウィンドウに飾ってある 手作りのお人形
それぞれのパルファンの名が 刺繍されてます
b0181081_2134848.jpg

b0181081_21343280.jpg

私は予定通り プレゼント用に・・・
ROI SOLEIL 」と「TRIANON」の香りのキャンドルを
ノエルの食卓には キャンドルの灯りが必須ですが・・・
太くて長ーい ゴールドキャンドルを買っていたマダム
また大きな袋を配達する人など ここも混み合ってました
  
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方BUCHE de NOEL を受け取りに 近所のパティシィエへ
すごい行列です
Mulotに負けず このお店・・・美味しいんです
まず クラシックな BUCHE (ブュッシュ薪)
b0181081_21493129.jpg

大家族用に 長~いブュッシュ
b0181081_2149509.jpg

私が注文したのは 一番手前のガトーショコラ
b0181081_21501737.jpg


庭には 綺麗な雪の花
冬の庭に 一際を添えてくれてます
b0181081_21553212.jpg

b0181081_21554618.jpg


b0181081_2158074.gif
            " 上のバナーをクリック!!" お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-25 22:01 | フランスのスイーツ
グランパレ美術館にて ブルガリ展

125年に亘る ブルガリ・ジュエリーの歴史
(コムランと一致していますが)
その歴史は モードの歴史でも有ります

第二次世界大戦後 映画女優の人気と共に波に乗り
ますます艶やかに ゴージャスになっていくブルガリ・ジュエリー
 
60年後半~70年代
花と蝶・・・(な~んて曲 皆な知らないかな?)」
b0181081_30054.jpg

隣で見ていたマダム達 
パピヨンのブローチに 盛り上がっていました

こちらは また華やかな花火をデザインした数点
b0181081_310793.jpg

b0181081_3104650.jpg

b0181081_3111035.jpg


この時期 Sautoir ソォトワール (胸まで垂れる首飾り)が流行ります

そっ そういえば!!
ジュリーが 
その昔グループサウンズで歌っていた時
「・・・の首飾り」・・?っていう歌があったけど・・・
ビートルズとか グループサウンズが流行った時代ですね
ちなみに 私はべべだったので憶えていませんが・・・

そしてヒッピー族
Ras de cou チョーカー)も流行
b0181081_312262.jpg

 
70年代といえば  
あのブリジッド・バルドーがしていた・・・
ポップアート・スタイル
サイケデリック・・・でしたっけ?
今見ると新鮮で 若いエネルギーを感じます
b0181081_426771.jpg

b0181081_5323991.jpg

b0181081_5334941.jpg


このチョーカーは 会場の皆に人気ありました
モダンでシンプル
b0181081_3421978.jpg

b0181081_3432479.jpg

b0181081_3434510.jpg


80年代 経済高度成長期になると・・・ 
豪華&カラーの ネックレスやチョーカーが流行
カラーと言っても染めたものではなく 宝石のナチュラルな色です・・よ
b0181081_3492018.jpg

b0181081_3523739.jpg

b0181081_3573046.jpg

コレ 耳につけたら重過ぎでは?
b0181081_4301812.jpg


こんな豪華絢爛のジュエリーの間に
シンプルなブローチがひとつ 人気を集めていました
Trèfl  トレフル=四葉クローバー」と題されたこのブローチ
プラチナとダイヤモンド(ファンシー・イエロー)
b0181081_412994.jpg

パールを中心に組み合わせたシリーズも
b0181081_5441545.jpg


90年代「Naturalia ナチュラリア」と題されたシリーズ
自然からの色を題材にしたもの
これはお魚さんのデザイン
b0181081_4115668.jpg


そして そして・・・ 2000年代になると
ズバリ 呼び名を「 Bavoir バヴォワール= よだれかけ」
ビジュー尽くし・・・と言う感じで
胸元を宝石で埋め尽くします
b0181081_4422539.jpg

b0181081_4555781.jpg
b0181081_4562875.jpg
b0181081_4565258.jpg

いったい誰の為のオーダー?
こんなものをつけたら 本人の顔の方には目が行かないでしょうに・・・

2010年
いろいろ細工し尽くして・・・
「もう面倒だわ このまま出しまショ!」
・・・ていうことになったのかしら?
ただ石ころをつないだだけ・・・ネ

宝石と言っても もともとですし・・・
ゴールド・アメジストトパーズダイヤモンド・・etc
b0181081_512854.jpg

キャンディー見たいに オイシソウ
 
結局私・・・ これが一番気に入りました
シンプル イズ ベスト
 

b0181081_4205591.gif
               上のバナーをクリック! お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-24 04:16 | パリの美術館
コムランのアトリエを訪ね 19世紀末建築様式を見ましたが 
同時期の建造物に グランパレ( GRAND PALAIS )があります
長年パリに居ながらも 
不思議なことに グランパレの中には入ったことが無い私
以前は サロン・ドートンヌ(絵画展)位しかありませんでしたが
最近はシャネルなど コレクションをここでやってるようです
 

折りしもブルガリ展が開催されていることですし 行ってみることに
b0181081_905383.jpg

ガラス張りの 丸い屋根の造り
b0181081_952374.jpg

b0181081_982958.jpg

b0181081_965966.jpg

b0181081_972792.jpg

b0181081_943396.jpg


1930年代のブルガリ・ジュエリー 
ダイヤやプラチナを使った ホワイト系が多いようです 
ブローチ 時には髪飾りにもなります
b0181081_9182142.jpg


1950年代から1960年代は カラーが好まれ 
とりわけ ブルーサファイヤを好んだそうです
多くの有名映画スター達の御用達でした

ソフィア・ローレン  イングリッド・バーグマン  ジーナ・ロロブリジータ
パパラッツィが スターを追いかけるようになると
ブルガリの店から出てくるセレブ達を スクープしました
ますます有名になった訳です・・・ブルガリ
b0181081_9245481.jpg

b0181081_9315818.jpg
b0181081_9322817.jpg

エメラルドは 私の誕生石
b0181081_935487.jpg

b0181081_9551463.jpg

b0181081_9254219.jpg

テーブル上の置時計
b0181081_9303711.jpg

目覚まし時計
b0181081_9565512.jpg


興味深いデッサン 誰の為でしょうか?
b0181081_555025.jpg

b0181081_5554928.jpg

b0181081_9373072.jpg

b0181081_9385319.jpg




b0181081_9433425.gif

         " 上のバナーをクリック! "  お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-19 09:50 | パリの美術館
友人のS子さんから電話

S子 「ねえ うちのブティックに ゴールド・ビジューたっくさんあるわよ!
    クリスマスプレゼントに オネダリしてみたら・・・?」

S子さんは ヴェルサイユ宮殿前のルネサンスというブティックで 働いてます
今回お世話になったS子さんの為にPR
      
      RENAISSANCE      
      24 rue des Réservoirs
      78000 Versailles
      tel : 0139507476 

先日の 私のブログを読んで 
ゴールドを欲しがってる私に 気を使って下さっているようですが・・・
 
私  「オネダリするって言ってもねェ・・・(いったい誰にしろって)
    もしかしたら お友達割引きとかってある~?」

S子 「 まっねェ~・・・あるかも
    それに あのステンドグラスバラ窓メダルもあるわよ
    コムランでしょ うちの取引先なの
    スワロフスキーだってあるのよ! ウフッ」

私  「えっー! なっかなか興味でてきた・・・行くかも!
    ところでコムランって スッゴイ歴史なんでしょ 
    それもマレアトリエがあるなんて 貴重!」

実は先日 ノートルダム大聖堂でコムランのステンドグラス・ジュエリーを見つけ 
サイトで探してみたのです

歴史好き アンティック好きな私としては コムランの歴史に 関心

私  「ねぇ・・もしかして~ コムランのアトリエを見学させて頂けないかしら・・・  
    お取引先なら 何とかお願いして頂けなぁい・・・?
    19世紀の建築なんて ど~んな感じか見てみたぁいの~」
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何と そんなずうずうしいお願いが 実現してしまったのです
早速 今日行って来ました 
(鉄は熱いうちに打て・・・というか 気が変わらないうちに)

1880年 時代はナポレオン3世のすぐ後 
COMMELIN コムランは マレ地区にアトリエを構えます 
それも私の大好きな カルナヴァレ美術館の斜め!!
130年の歴史です
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・
歴史建造物に指定されている 19世紀の建物
古びた外観
最上階には 更に古い年代の ジュエリー製造所の名が書かれています
b0181081_4493823.jpg

金銀溶鉱所って彫りが・・・
b0181081_450759.jpg

大きな門を入ると そこは何~にも無いアントレー空間

左右に階段が有りますが それらは表通りに面したアパルトマンへのもの
正面には 部厚いバリケードの様な鉄壁
 
その鉄壁の端にある 小さなドアを開けて マダムが出迎えに来て下さいました
やはりを扱うだけに 警戒厳重なのですね

まず目に入ったのは 巨大な煙突状のもの
これが金・銀の溶鉱炉かしら・・・

そして広くがら~んとした 工場の様な内部
狭くて喧騒の表通りからは まったく想像もつかない静かな空間です
b0181081_541834.jpg


カンカーン・・・と足音を響かせ 鉄の階段を上がる途中見つけたのは 
石炭で焚く
傍には 石炭が残っています

え~! あの機関車で使った石炭? 
何年前のもの? まだ有るのぉ~
b0181081_5125846.jpg

事務所兼アトリエは二階 といっても三階位の高さ
自然の明りの採光の為 天井はガラス張り
b0181081_5154541.jpg

へえー どこかで見たようなデザインだけど・・・ 
b0181081_5185127.jpg

この時計も・・・?(時間は正確でした)
b0181081_5195726.jpg

マダムが19世紀初頭様式と 説明して下さいました
あのオルセー美術館スタイル
あっ そうそう~ 
オルセー美術館 もともとはだったのですが 
その駅が出来たのは 19世紀末
丸いガラス張りの屋根の感じや時計・・・ 似てるでしョ!
他にエッフェル塔グランパレなど 
あの時代には こんな鉄骨造りが流行したそうです

アトリエの中 
これが現代の 熱~くなってる・・・
b0181081_5291267.jpg

中の温度は 現在800度以上
あっ! この辺は企業秘密かも・・・
b0181081_5325950.jpg

まあ・・ね 「職人の道具はあまり進化していない」とのこと
b0181081_5344453.jpg

b0181081_53883.jpg

いい感じ出してる 水場
b0181081_536451.jpg

極小のステンドグラスを 18金でつなぎ合わせているのでしょうか?
この18金とステンドグラスをミックスした技法を発明したのが コムラン
世界遺産のノートルダム大聖堂や シャルトルの大聖堂 
あのサント・シャペルバラ窓を 再現しています

今 手がけているのはパピヨン
すーっごく細かいデザインです
こーんなに小さく色とりどりに ガラス細工できるのですねェ
ステンドグラスを焼いた後のは 黒くなってますが(左側)
よーく磨きをかけて ぴっかぴかの輝きにするそうです 
b0181081_7564517.jpg

ステンドグラスの製法に関しては サント・シャペルへ行った時の記事を 見て下さいネ



b0181081_5461178.gif

         " 上のバナーをクリック!!" お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-17 06:03 | パリの美術館

ノートルダムとビジュー

カテドラル・ノートルダム
12世紀に建築が始まった 
このゴチック建築の傑作については 以前書きましたが
今回は 中にある展示物をよーく見てみました
祭壇側
b0181081_4363938.jpg

北側バラ窓 
明日は この巨大なパイプオルガンのリサイタルがあります
b0181081_437406.jpg

西側一角にある 聖具室
b0181081_439322.jpg

司祭の記念の衣装なのですが・・・・なんとコレ!
b0181081_4411469.jpg

驚くことに デザイナーとのコラボ衣装・・?!
ジャン・シャルル・ドュ・カステルバジャック・・・
こんなところで仕事してたの?
彼らしい カラフルで元気のあるデザイン
b0181081_441547.jpg

他には・・・ レプリカだと思いますが・・・
b0181081_4463897.jpg

だってこれ ダイヤなのかクリスタルなのか・・・
本物だったときは 何だったのでしょう
こんなに敷き詰めては 重くて持てないではないか・・・?
絢爛豪華好きなナポレオン3世からの 贈り物
b0181081_4471662.jpg

マリア様の冠  BOUCHERON 製と書いてあります 
あのヴァンドーム広場の宝石商のこと ?
そう ブシュロンは 19世紀には王冠を作っていたようです
b0181081_4485826.jpg

他に ものすごくでっかい宝石の指輪が沢山ありました
歴代の司祭がつけた誓いのリング 
b0181081_45626.jpg


          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
奥にはノエルのクレッシュが出来ていましたが その傍にショーケースが
b0181081_4515571.jpg

b0181081_4533310.jpg

えっ!スワロフスキー( swarovski )・クリスタルですって・・・!
b0181081_5512597.jpg

こちらの18金十字架メダルは コムラン(COMMELIN)製
繊細なデザインです
メダルは ステンドグラスバラ窓を再現したもの
b0181081_4573839.jpg

北のバラ窓かしら・・・?
b0181081_513232.jpg

それとも 南のバラ窓?
b0181081_751348.jpg

12~13世紀 当時ニューアートとして好まれたステンドグラス窓
ブティックでは マリアさま(=ノートルダム)のメダルも売ってました
b0181081_7394846.jpg


最近 なんとなくゴールドが欲しくなってる私です
不況の時は 金に投資・・・という程ではありません・・・はい)

b0181081_5174536.gif
         " 上のバナーをクリック!" お願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-14 05:29 | パリの美術館
クリスチャンでない私でも ノエルになると覘いてみたくなるのが
カテドラル・ノートルダムの夜

ジャイアント・ツリー 出来上がっていますね

b0181081_7344156.jpg

b0181081_9161826.jpg

b0181081_7365454.jpg


12月14日には あの巨大パイプオルガンのリサイタルがあるようです


帰り道 懐かしいカルチィエをブラブラ

お茶屋の マリアージュ・フレール
b0181081_7445839.jpg

ウィンドウは ノエル・ヴァージョン
b0181081_7473440.jpg
b0181081_748161.jpg

この色合いも綺麗ですね
b0181081_7485767.jpg
b0181081_7491494.jpg


ティーポットも なかなか良い感じ
b0181081_7502525.jpg


そして クリスティーヌ通り
b0181081_7545134.jpg


同名の4つ星ホテル 
星の降るような ロマンチックなアントレーになってます
確か・・・女優メリル・ストリープのご愛用ホテルだったと思いますが・・・
b0181081_7542337.jpg



         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


変わって 近所のお店のウィンドウ
手作り風 可愛いツリーを見つけました
b0181081_7585020.jpg


子供達が主役の ノエル
この時ばかりは 堂々とオネダリ出来るようですよ・・・
b0181081_854884.jpg

b0181081_824347.jpg
b0181081_831975.jpg


このティーポットや 蓋付マグカップも綺麗
こんなポットで 美味しいお茶を煎れてあげたいです
b0181081_872674.jpg
b0181081_874423.jpg


ご主人が買い物するのを 外で大人しく待ってるなんて・・・
エラーイ ワンちゃん
b0181081_891938.jpg




b0181081_818392.gif

          " 上のバナーをクリック !" お願いします




 
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-12 08:15 | ニュース・徒然
昨日(12月8日)は 午後から大雪
どんどん降り積もる雪は 弱まることなく
街は あっという間に雪国 

もちろん 道路はマヒ状態
幸い電車は動いてましたので 家へ帰り着くことが出来ましたが
生きて帰れて良かった・・・ホッ


今朝  
家の前の道路に の走るは全く無し
凍りついた車道 雪が10CM以上積もっている歩道
自分の足だけが頼り・・・かな?


吹雪の雪山の様な風景ですが 街のメイン通りです
綺麗でしョ

b0181081_411157.jpg



さて ここはではありません
クリスマスツリーを売る 花市場の前・・・
すっかり雪景色

b0181081_463557.jpg




人気ブログランキングへ クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-10 04:12 | ニュース・徒然
ノエルのイルミネーションが美しいのは ヴァンドーム広場
宝石商で囲まれた この広場 
ウィンドウを眺める為だけに 沢山の人が訪れます

今回一際目立ったのが ディオールのウィンドウ
最近 ビジュー(ジュエリー)に力を入れているのでしょうか?
b0181081_8464087.jpg

ドールハウスの様なミニチュアのお家
窓にビジュー
ピンク系で とーっても可愛いいのです
b0181081_849579.jpg


b0181081_8503627.jpg


b0181081_854460.jpg


b0181081_8542188.jpg


こちらは ピアジェ
今年のヴァンドーム広場のイルミネーションは この木枝タイプ
b0181081_8555086.jpg

右下に小さく書かれた コレ!! 
Prix sur demande ・・・って 言ったって・・・ねぇ
b0181081_9101086.jpg


向こう側には ホテル・リッツ
b0181081_923731.jpg


驚くのが スウォッチ
人気はあるのでしょうが この値段で(50ユーロ・80ユーロ・せいぜい300ユーロ)
どうやって この広場に居られるのでしょう・・・ネ?
b0181081_902710.jpg
b0181081_911041.jpg
b0181081_912516.jpg

こちらは ヴァン・クリーフ & アルペル
丸いカットのデザインが スウォッチと一致
b0181081_963531.jpg


エッー ルイ・ヴィトン・・・! 
とうとう ここに進出 !!!
さすが 売れてるブランド
b0181081_9212791.jpg


やっぱり気になるのが ゲルレンのウィンドウ
何度見ても 惹きつけられる美しさ
あれは いったい・・ 何だったのでしょうか・・・


そう 中央にいるのはミツバチでした
周りにも 何匹か飛んでます
b0181081_9244059.jpg

白い女王蜂 美しい作り・・・ 
b0181081_9261469.jpg

何でも・・・ シワを予防するアンチ・エイジの新製品ですって
シワの原因になる皮膚下の亀裂
これを修復するのに 蜂蜜が一番らしいです
それも ある特選の蜂蜜のみ有効とのこと

香りのロウソクになったり 皺予防になったり・・・
ミツバチさん いろんなところで頑張ってますねェ


ノエル・コレクションなのかしら? 
ミュウミュウでも・・・ ヒールにビジューが
b0181081_9571318.jpg

スッゴイ!! 超ハイヒール
b0181081_9593321.jpg




人気ブログランキングへ クリックお願いします
[PR]
by happiness-girl | 2010-12-06 09:36 | ニュース・徒然

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl