オバマファミリー ・ イン ・ パリス

6月6日 土曜日

今日は  第65回ノルマンディー上陸記念のセレモニー が 
ドーバー海峡側の街カーンで催され 合衆国のオバマ大統領が訪れました
ドイツ占領下のフランスが アメリカとイギリス軍によって解放された記念日です
オバマ大統領夫妻と サルコジィ大統領夫妻
並んだところで 軍吹奏楽団の国歌演奏
合衆国国家演奏の時には オバマ夫妻は右手を左胸合わせます
その時は 少しうつろな目をしていたサルコジィ大統領も
フランス国家マルセイエーズになると 締まった目に変わります
こういうのって 「男の世界なんだなあ」と感じるのです
カーラは アイボリー色のボディ・コンシャスのローブ
襟元のタックとキャップ・スリーブが カワイイ 
このスタイルは またディオールかしら・・・
通常 堅苦しく地味なこの行事も
エレガンス・カーラのグラムーが 彩りを添えます
ミシェル夫人も 白のローブのアンサンブル
オバマ大統領の人気は 式をいっそう華やかなものにしています

その後のオバマ・ファミリーの足取り・・・
パリでのプチ・ヴァカンス
まず前夜金曜夜 
ミッシェル夫人と二人の娘達(マリア10歳、サラ8歳)は エッフェル塔へ
何といっても ここがパリ観光客動員数NO.1
そして土曜日 ノルマンディーでのセレモニーの後 夕刻パリに
ノートルダム寺院へ
1時間ほど家族でゆっくり 貸切
夕食は親しい友人2人とパリ7区 サン・ドミニク通りのレストランへ
このサン・ドミニク通り アメリカ系のアソシエーションなどがある通りです
近くには アメリカンチャーチも
7区は官庁街で 数々の内閣省や大使館などが集まってます
何かと 抗議デモがある時は
この地区の大通りを 徒党を組んで歩くのです
でも あるフランス人マダム曰く「7区の市役所はトップ」
フランス人には でしょう・・・?
でも現在の7区市長は アルジェリア移民出身のラシダ・ダチなんだけど・・・
彼女は 二年前の大統領戦からサルコジィ大統領の腹心(現在は違うようですが)
パリ市長の座を狙うべく? 右派の強いこの区の市長に抜擢されたようです

オバマファミリーが行った レストランの名前は
「 La Fontaine de Mars 」 
このレストランでオバマ大統領が払ったお勘定は 5人で300ユーロ(4万円程)
超高級レストラン嗜好のサルコジィさんと 何という違い

日曜の朝は 開館前の美術館へ
「近代美術館ジョルジュ・ポンピドーCentre d'art moderne George Pompidou」 
12h30分 大統領は一足早く 軍用機で ひとりワシントンへの帰路に
彼が テレビのインタビューに答えた言葉を思い出します
「私だって パリを楽しみたい
リュクサンブール公園でゆっくりしたり・・・・etc 
でも それは叶わないのです」

その後 ミッシェル夫人と子供達 そして彼女の母親は
エリゼー宮へ招かれ サルコジィ・ファミリーと共に 昼食を
この日は 母の日でもあり
また娘サラの 8歳の誕生日でもあったようです
午後は サン・ジェルマン・デ・プレの高級子供服店「Bonpoint」へ
サン・ジェルマン大通りから 一本裏の通りに何軒か連なってある
ベビー服・靴 そしてお向かいには ベビーベッドやベビーカーまで置いている店もあり
この一画は ちょっとしたベビー・子供服街になっているのです

その後ミシェル親子一行は ルーブル美術館見学
2~3時間では無理でしょう・・・ルーブル見学は
行って来たというだけ・・・に
あそこは 3日はかかるでしょ

夕食は また7区のレストラン「 La Cigale Recamier 」



人気ブログランキングへ
クリックお願いします。

b0181081_16242695.jpg

[PR]
by happiness-girl | 2009-06-10 07:27 | ニュース・徒然

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl