人気ブログランキング |

カリソン Calissons のレシピ Ⅱ

前回ご紹介した プロヴァンスの砂糖菓子カリソンCalissonsのレシピ
簡単そうでしたが かなり端折ったレシピでした
もっと詳しく説明されたサイトを見つけました
こちらは 蜂蜜ではなくオレンジ水を使っています
b0181081_224440.jpg


材料(1人分)・・・ 250g    アーモンド・パウダー
          250g    パウダー・シュガー
       2~3スープ・スプーン  オレンジ水
          500g    メロン・コンフィ (砂糖漬け)
           50g    オレンジ・コンフィ(砂糖漬け)
glace royale グラス・ロワイヤル用に 
           1/2     卵白
          150g    パウダー・シュガー
      azymeパン=聖体パン (ライスシート=春巻きの皮の様なもの)でもOK

1 鍋にアーモンド・パウダー250gパウダーシュガー250gオレンジ水を入れ 
  弱火で 7~8分煮ます
  (生地が指にくっつかない程度まで それ以上乾かないように注意) 
  このアーモンド生地を 細かく刻み 
  やはり細かく刻んだメロン・コンフィオレンジ・コンフィを合わせてミキサーにかけます
  生地が均一になり 柔らかく引き締まるまで 良く混ぜ合わせます
2 azyme(聖体パン)シートを 調理台の上に置きます
  その上に フルーツケーキ型(30x30x1㎝)を置きます
  の生地を 注ぎ入れます
  表皮が出来るまで 少なくとも48時間休ませます

3 グラス・ロワイヤルを作ります
  卵白1/2を パウダーシュガー150gと混ぜ合わせ 
  柔らかく リキッド状になるまで 泡立て機で良く混ぜ合わせます
  硬すぎず ゆるすぎず・・・ここが大切
  で出来たカリソン生地の上に 均等に注ぎ入れます
  固まるまで1時間程置きます
  表皮が出来るまで待ってはダメ 後で切るときに割れてしまいます
  アーモンド型の押抜き型で 一つ一つ切り分けます
  押抜き型が乾くと くっついて うまく切れませんので
  度々 水で湿らせます
4 オーブン・プレートに均一に並べます 
  130℃に熱したオーブンに5分程入れて
  グラス・ロワイヤルを 均等に固めます
  冷まします 

日持ちのする 手作りお菓子として便利そうですね
フルーツ・コンフィを変えると 色もバラエティーに
 

b0181081_3363427.gif
 

              
              ブログ・ランキングに参加しています
              宜しければ 上のバナーのクリックをお願いします
 
  

    
トラックバックURL : https://premierbal.exblog.jp/tb/22726761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gabrielleraphael at 2014-06-03 05:15
美味しいですよね〜、カリソン。
リヨンにもクサンドリヨン、cousin de lyon というアーモンドベースの銘菓がありますが、かルソンの方が美味しいかもです。
Commented by happiness-girl at 2014-06-03 06:03
カリソンって、家庭で作れるのですねぇ。
細かく型で抜くのが、面倒かも。
大きなケーキ型一つで作っても、同じ味かしら?
Commented by lemonodasos at 2014-06-10 21:30
美しい形をしたお菓子で、コーヒーと紅茶にあいます。
食事以外のタベモノであるお菓子というのは幸福の象徴と思います。
おいしいお菓子、食べると太ってしまいそうですが、、、フランスにはカリソンというお菓子があるのですね、感動しました。
Commented by happiness-girl at 2014-06-14 02:47
辛党の私でしたが、フランスに長くいるせいか、デザートが必須になってしまいました。
太っても良いです・・・よ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by happiness-girl | 2014-06-03 03:25 | フランスのスイーツ | Trackback | Comments(4)

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl