カテゴリ:ヴェルサイユ( 12 )

今日はヴェルサイユ宮殿の庭園へ
宮殿へ向かう道 ヴェルサイユ市役所の前を通ると・・・
マリアージュ!!!(結婚式)

ヴェルサイユ市役所はとっても立派で パリ市役所にも引けを取りません
二階部分の天井の高さといったら・・・ 
いったいどんな部屋になっているのでしょうか・・・
今度行ってみよ
b0181081_436294.jpg

花嫁さんのウェディング・ドレスは セピア色?・・・結構ベージュです
シンプルだけど 生地は良さそう・・・
b0181081_4365778.jpg

市役所で式をあげた後 花やリボンで飾られた新郎・新婦の車のうしろを
同じくリボンを付けた友人達の車が連なります
皆でクラクションを鳴らし 囃し立てながら大通りを走るので
直ぐに結婚式と解かります

ヴェルサイユ宮殿入り口は いつものようにすごい行列
それにしても宮殿は またまた金!金!金!になった様な・・・
b0181081_443896.jpg

今夜は花火の祭典もあるので ポリスの方々も交通整理で忙しそう

いつも通り 庭園の方は無料で入れるかと思いきやバリケード
何と8ユーロ(1050円)10歳以下無料
土曜日はスペクタクル(余興)があるので有料ということ

いったい何のスペクタクル? 水と音楽ですって?
初め オーケストラが入っているのかと思って探しました
8ユーロもしますし・・・

ところが ただCDでバロック音楽をガンガン流しているだけ
水の方は 入場した時間には止まっていた噴水が
帰りには 全開になっていましたけど・・・

あっ! 鏡の回廊の窓が開いている!
一瞬 どうしたのかしら・・・と思いましたが

実は今日「夕陽を反射する鏡の回廊から 庭園を眺める」っていう
サービス企画があったのです
でもこの時期 夕陽になるのは22時だよ~?
b0181081_446101.jpg

この庭園を眺めたい故に ヴェルサイユ宮殿造ったのですね・・・ルイ14世
b0181081_4515587.jpg

フランス庭園の特徴は 幾何学模様とシンメトリー(対称)
鏡で映したように・・・
そして植木の枝を ビシバシ刈り込みます
私は木々の自然な姿を楽しむ方が好きですが(イギリス庭園) 
彼らは植木をきっちりそろえて刈ると スッキリするみたいです
だから 日本の盆栽大好きなのかしら?
以前に比べ 盆栽の様にいろいろな形に造った植木が此処彼処にありました

南の花壇
b0181081_52459.jpg

b0181081_1601889.jpg

水の花壇
b0181081_161455.jpg

b0181081_1613719.jpg

ラトーヌの花壇
b0181081_53245.jpg

b0181081_15493497.jpg

ラトーヌの池
b0181081_15592010.jpg

アポロンの戦車の池
b0181081_55213.jpg

この並木道の奥に グラン・トリアノンが在ります
その右側には プチ・トリアノン
そしてマリー・アントワネットの領地へとつながります
b0181081_585820.jpg

この木はTilleul(菩提樹) とっても良い匂い
花は煎じて紅茶に・・・
いろいろとブレンドして使われ 食後や安眠の為に効果あり
癖がなくて美味しいハーブティー 今が花盛り
b0181081_5131870.jpg

あっ!またまた マリアージュ さすが6月
フランスでは 6月に結婚するカップルが多いのです 大抵土曜日
ジューン・ブライドでもあるけれど 
結婚した場合 いろいろな申告の関係で区切りが良い月らしいです
7月からは 次の年(再来年)の計算になってしまうようです

それにしても マリー・アントワネットの領地で結婚記念写真なんて羨ましい
フランス人は結婚式を市役所で挙げ その後近くの公園などで記念写真を撮ります
そしてこのマリー・アントワネットのトリアノンの前までは 誰でも車で入れるのです
b0181081_515202.jpg

あっと ネプチューンの池を見逃しました
でも6月30日と7月1日の夜 この池でスペクタクルがあるのでまた来るつもり
「Blanche Neige 白雪姫」のバレエ
このバレエで面白いのは 衣裳をジャン・ポール・ゴルチエが担当した事
通常のイメージの白雪姫の衣裳ではなく かなり大胆でセクシーな衣裳
どちらかというと あの魔女のような継母のイメージの衣裳です
ゴチック・スタイル・・・  真っ黒で怪しげな感じ?
既に 6月の初めに上演されたはずですが
評判が良くて アンコールなのでしょうか・・・


人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-06-21 05:26 | ヴェルサイユ
昨日 ヴェルサイユ宮殿で催されている衣裳展に行きました

[ FASTES DE COUR ] ー宮廷の豪奢ー
1650~1800年のヨーロッパの宮廷衣裳
最近 こういった本物の衣裳に興味があります

家からヴェルサイユまでは 各駅停車で15分
時々 宮殿の庭や奥の森まで散歩に行くことはあるのですが(無料なので)
宮殿の中にはここ15年以来入っていませんでした

鏡の間の化粧直しも終わった様 ついでに見てこよう
朝一番で行ったのにも関わらず 入り口ではもう観光客の列
ヨーロッパ中の修学旅行の子供達で 押し合いへし合い

b0181081_5263030.jpg

特別展は撮影不可 仕方が無いので細かいテクニックはデッサンしたりして・・・
布地は日光や蛍光灯にも弱い為か 会場内は薄暗く
細部を見るのに目が疲れます

メインで展示されている最も豪奢な衣裳は
後のスウェーデン王 ギュスターヴ3世の婚礼衣裳でした
フランス風の男性衣裳マントウ(長めの上着)とジレのアンサンブル
銀箔生地に上に ブルー箔と金箔・金糸刺繍が前面殆どに施されていますが
この刺繍は パリで細工されたそうです

あの時代も やっぱりパリがモードの最先端だったらしい

ポーランド王のスリーピースの前身頃前面には ビッシリ金糸刺繍
ルイ14世の衣裳から インスパイアされたもの
ア・ラ・フランセーズ」と呼ばれ
それほど堅苦しくないセレモニーに着用したらしく
現代の男性用三つ揃えのスーツにつながります

女性の婚礼衣裳として ギュスターヴュ3世の義妹のローブがありました
通常 王や王子は婚礼において金色の衣裳を着ます

そして花嫁の方は 銀色の「大きな衣裳(宮廷衣裳)」をまとうそうです
本当に大きいのだ
の位置で左右に張り出したスカート部分は 土台としてのパニエに支えられ
左右にそれぞれ1メートル以上広がっています
正直言って 私にはカーテンに見えますが・・・

後ろに長ーく引いたトレーンは 尾とも呼ぶそうですが
腰に銀のホックで留めてあります
こんなに重そうなものを引きずっては 真直ぐ歩くのも大変そう
全て渋い銀色
銀箔生地の上に 前面に施された銀糸刺繍
周りにスカラップに付けられた幅広で繊細な銀色レースは もちろん手織りに違いない

変なことを思い出しました「月の砂漠」の歌
「金の鞍には王子様~ 銀の鞍にはお姫様~」 
やはり 王と王妃は金・銀なのですね・・・

特別な儀式用など 王様の衣裳にはいろいろなスタイルがあるのに
王妃にはこの型しかないみたい
生地と装飾によってのみ その儀式の格が見分けられる事になるようです

王妃はこの宮廷衣裳を 宮廷のとりまき達の中でもお気に入りの婦人に貸したそう
王妃の宮廷衣裳を着ていることは 皆に一目置かれる事になります
ある公爵夫人の残した手記によると
「この大きな衣裳を身に付けて歩けることは芸術よ 
 前を行く婦人の尾っぽを踏みつけない為には 一歩も足を上げてはダメ
 滑らせるのよ・・・」

少しがっかりしたのは 
殆どの衣裳が スウェーデン・ロシア・イギリスなど外国から貸し出された物なのです
フランスは革命で消失させてしまったらしく
完全な宮廷衣裳は残っていないとの事
ヴェルサイユ宮殿という素晴らしいロケーションを持ちながらも
衣裳展をする為には 「ヨーロッパ展」とする必要がある訳です
(後でフランス人に聞いてみると フランス王は自分の衣裳を近親者に与えたようです)

絵画をみると その時代のモードの中心がフランスであったことが解ります
宮殿の壁にある王族達の肖像画の中に 同じタイプの衣裳がありました
ルイ15世の正妻の肖像画
このマダムの足元にいるワンちゃんは 当時流行したパピヨン犬
b0181081_5282815.jpg

このロイヤルブルーのヴェロア地に
フランス王室の紋章である百合を金糸で刺繍したものは
神聖な儀式に着る正装
衣裳展にあったルイ15世の絵では ブーツまでこの柄でした
マリー・アントワネットが この柄の生地のローブを作らせて肖像画を描かせ
母親であるオーストリアのマリア・テレサに送ろうと打診したところ
あちらでは「奢っていて品がない」と不評だったので やめたらしい
b0181081_5305410.jpg

他にマリー・アントワネットと子供達の肖像画
の衣裳が新鮮です

マリー・アントワネットの肖像画の多くは無くなって あまり残っていないそうです
私が知っているのは この絵と プチトリアノンにある肖像画と家族一緒の絵
それからカルナヴァレ美術館にある 牢獄での肖像画
b0181081_5314848.jpg





人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
[PR]
by happiness-girl | 2009-05-31 04:47 | ヴェルサイユ

パリの自然とエレガンスを紹介


by happiness-girl